190109_bn.png 181213_golf_ba.png

日展協 2018年 新年会 式次第決定!大人数でご参加ください(1月12日@ANAホテル東京)

Z2SlBx4gmEly7Nb1458022910_1458023385.png

(別画面が開きます)

 

6p4iMCVT0KTXit_1458023455_1458026325 (1).png

 

FAX用紙をダウンロードします)

 

以下の記事をPDFでご覧になりたい方はこちらから→https://www.nittenkyo.ne.jp/image/JEXAnews_171129.pdf
 


日展協 2018年 新年会 今すぐお申し込みください

甘利 明 議連 新会長の就任挨拶が決定!

入会検討企業も歓迎、参加者は過去最多に!

 

  日本最大の展示会業界団体である一般社団法人 日本展示会協会(日展協)は、日本の展示会産業における最大のイベント「新年会」を、2018年1月12日(金)、東京のANAホテルにて午後6時から開催する。式次第は以下の通り。

 

1. 主催者挨拶 日本展示会協会
会長
石積 忠夫 展示会産業は今、大発展の兆しを見せている。日展協の総力を挙げてこの勢いを増したい。
2. 来賓祝辞 自民党 展示会産業議連
新会長 (衆議院議員)
甘利 明 展示会産業 議連 新会長に就任した甘利氏が、会長就任にあたっての決意と、展示会産業への強力な支援を表明。
自民党 展示会産業議連
幹事
(国土交通副大臣/衆議院議員)
秋元 司 ビッグサイトがあり、支援企業300社以上が集まる江東区からの選出議員が、「見本市 中止問題」解決への決意を語る。
経産省 商務・サービス
グループ 審議官
藤木 俊光 展示会産業の活性化に取り組む経済産業省のトップが祝辞。
国交省 観光庁 長官 田村 明比古 訪日外国人を増やすため、展示会を含むMICEの促進に力を入れる観光庁トップが祝辞。
3. 乾 杯 自民党 展示会産業議連
幹事長 (総理補佐官/衆議院議員)
薗浦 健太郎 展示会産業議連 幹事長として、我が国の展示会産業の発展を祈念し乾杯。

※ 上記は、12月14日現在の情報です。急なご公務により、変更となる場合がございますので、ご了承ください。
 

 

展示会議連の新会長に、甘利 元経済再生大臣が決定

日展協 会員に向け、就任のお披露目

  自民党「展示会産業 議員連盟」は、今年7月、前会長木村太郎氏がご逝去されたことに伴って、会長不在であったが、この度、甘利明 衆議院議員の就任が決定。甘利氏は、経済産業大臣や経済再生担当大臣など、日本経済に関わる要職を歴任、日本経済の再生に尽力されてきた。早くも関係者からは、「経済の重要政策である展示会を推進する上で、甘利氏は最もふさわしい」と期待の声があがっている。
  今回の新年会では、就任間もない甘利 新会長より、日展協会員に向けた就任の挨拶が決定。日本の展示会産業の発展に向けた、新会長の決意を聞ける貴重な機会となるので、ふるってご参加頂きたい。

 

過去最多 900名が参加!

国会議員・地方議員、行政関係者、
産業界の方々も多数出席

  「展示会産業 議員連盟」をはじめ国会議員の中には、与野党問わず、展示会産業に大きな期待を寄せる多数の方々がいる。見本市都市を目指す大阪府・市、京都府、沖縄県、名古屋市など、多くの地方議員・行政幹部の方々や、展示会の重要性を体感し、国策にすべし、と働きかけている産業界の方々も、展示会業界と交流を深め、応援したいという気持ちで、懇親会に多数出席される。

過去最多の861名を集めた、前回2017年の新年会。今回は900名以上の参加が見込まれ、更に盛り上がることが予想される。

 

女性・若手も積極的に参加しよう!

 

  今回も新会員、若手や女性会員の出席者が増加、また、1会員から7〜8名以上の申込みや、非会員からの申込みの増加もあり、過去最多の900名の参加が予想され、9年連続の記録更新が確実だ。
  このように盛り上がっている理由は、上記のように、展示会産業の重要性が、政治・行政、産業界に強く認識されはじめたことにある。もう一つの理由は、「オリンピック時に見本市が中止になったら、日本経済にとっても大きな損害になる!」との危機感が依然として消えておらず、問題解決のために、業界全体が一致団結しようという空気があることだ。
  日展協では、女性や20代〜30代の若手の参加も期待している。その理由として石積会長は、「展示会業界では、多くの女性、若手の皆さんが活躍しており、展示会産業の発展に極めて重要な役割を果たしている。彼らが新年会に参加する、最大のメリットは、『展示会産業の存在を明確に意識できること』だ。新年会に参加し、他の主催者や展示会場、支援企業とも多く知り合うことで、自分が展示会産業の一員であることを自覚すると同時に、競争心が芽生え、仕事へのモチベーションが高まるはずだ。その観点からトップは女性・若手を多く参加させるよう、意を尽くしていただきたい。」と述べている。

 

入会検討企業も大歓迎!

 

  さらにここ5〜6年、展示会産業への参入を考えている企業や、未加入の企業など、非会員の参加も増え続けている。今年は東京オリンピックに伴う「見本市 中止問題」の解決を求める声が高まっていることもあり、その数が一層増えると思われる。
  石積会長は、「非会員の方も大いに歓迎したい。日展協の雰囲気を体感して、近い将来、私たちの仲間となって展示会産業の発展に力を貸してほしい」と語っている。

 

【申込方法】
 下記「お申込みボタン」よりWEB経由でお申込み、または、申込FAX用紙をダウンロードしご記入の上、
 事務局までお送りください。
 皆様のご参加をお待ちしております。


(別画面が開きます)

 

6p4iMCVT0KTXit_1458023455_1458026325 (1).png


FAX用紙をダウンロードします)



取材のお申込はこちらから

 


問合先 一般社団法人 日本展示会協会 事務局

 

TEL.03-3518-2640 FAX.03-3295-7007

Email.info@nittenkyo.ne.jp

〒101-0047 東京都千代田区内神田1-12-10 四国第二ビル2階

▲このページのトップに戻る