50y_teisei.jpg

日展協2018 拡大総会のご案内

Z2SlBx4gmEly7Nb1458022910_1458023385.png

(別画面が開きます)

 

6p4iMCVT0KTXit_1458023455_1458026325 (1).png

 

FAX用紙をダウンロードします)

 

※プレスの取材申込はこちら、取材案内はこちらをクリックして下さい。


今すぐお申し込みください

日展協 拡大総会に ご参加を!

ビッグサイト問題の深刻さを改めて考えよう!

 

  日本最大の展示会業界団体である一般社団法人 日本展示会協会(日展協)は5月29日(火)、東京ビッグサイトにて「2018年度 拡大総会」を開催する。

「ビッグサイト問題の解決を、全会員で議論する、最後のチャンス。 全会員に参加して欲しい」と訴える石積会長

  利用制限開始まで1年を切った中、非常に多くの会員から「2019年と2020年の出展社数が激減する」「仮設館に移りたくないという出展社が増えている」「支援企業の仕事は予想以上に激減しそうだ」という深刻な声が急速に高まっている。
  同時に、事態の抜本的解決を求める声も依然として大きく、また、現実的な対策を立てるための要望や質問も、日々増加している。
  日展協執行部としては、わずかの時間しか残されていないが、今なお抜本的解決を模索し続けているところである。
  一方で、抜本的解決ができないという事態に備え、会員が損害を最小限にするための対策を立てられるよう、情報交換の場も提供しなければならないと考えている。
  そのため、2018年度の総会は通常と形態を変えて「拡大総会」と銘打ち、以下の通り、定時総会に加え、「ビッグサイト問題」について理解を深めるための会合を開催することになった。(なお、これに伴い、恒例の懇親会は実施しません。)

 

拡大総会の開催要項は以下の通り。

日時
  2018年5月29日(火)14:00〜16:30
  第1部  2018年度 定時総会(14:00〜15:00)
  第2部  「ビッグサイト問題」に関する議論・要望・意見交換会(15:00〜16:30)
  ※第2部からの参加も可能です。詳しい開催趣旨は、以下をご参照ください。

会場
  東京ビッグサイト レセプションホール
  東京都江東区有明3-11-1  電話 03-5530-1111

 

日展協 2018年度 拡大総会 式次第

拡大総会は、以下の2部編成で執り行われる。

 

第1部 (14:00〜15:00): 「2018年度 定時総会」
  参加対象:展示会場会員も含め、全会員。例年より大きな会場を使用するので、議決権のある方に加え、随行者の参加も歓迎。

 

第2部 (15:00〜16:30): 「ビッグサイト問題」に関する議論・要望・意見交換会
  参加対象:日展協の支援企業会員と主催者会員が主たる参加者。本問題に強い関心を持つ展示会場会員の参加も可能。また、第2部からの参加も可能 (受付時間14:30〜)。
ここでは、下記のようなテーマについて、本問題に関する要望、意見交換を会員間で自由に行う。その中から、多くの会員が深く悩んでいることや、新しい視点の要望などがあった場合、日展協がまとめて東京都に要望することも考えている (ただし、要望事項は匿名で提出)。

  議論・要望・意見交換の例
            @まだ、本問題の抜本的解決はあるのではないか?
            Aどのようにして、営業補償や経営支援を要求すべきか?
            B展示会を地方に移動して開催する場合に、どんなことに留意すべきか?
            C例年と開催時期を変更して開催する場合の注意点は?
            D仕事量の減少に対し、どのような対策を取ったらよいか?
            E仮設館の正確な展示面積は、いくらになるのか?
            F仮設館を含め、2か所で会場を分断したときの来場者誘致のアイデアは?
            G本当に仮設館への搬出入がうまくいくのか?
            Hその他、自由に……

 


昨年2017年の定時総会時も、多くの会員から、展示会場問題に関する、深刻な意見や不安の声が相次いだ。今年は例年より大きな会場を使用するので、全会員企業から、トップだけでなく、現場で働いている人も含め5名、10名での参加も歓迎だ。

 

本問題を 全員で議論する最後のチャンス
全員、必ずご参加ください

  この問題は、各会員のトップだけでなく、現場で働いている人たちも含め、非常に多くの人々に影響する。それゆえ、日展協会長・副会長は、
        @関係者全員で知恵を絞り、抜本的解決に向けた新しいアイデアや、東京都などへの要望を模索したい。
        A抜本的解決ができなかった場合に、被害を最小限にとどめる方策についても、全会員で議論したい。
と、考えている。
  一人でも多くの方に集まってもらえれば、それだけ多くのアイデアが生まれる。この議論の中から、会員の具体的な悩みや、新しい要望などが生まれた場合、日展協はそれらを東京都に提出する予定だ。
  日展協執行部は、時間的に今回が本問題を全員で議論する最後の重要な会合になる、と考えており、全ての主催者会員、支援企業会員の出席を呼び掛けている。

 

 

問合せ先: 一般社団法人 日本展示会協会 国内広報委員会
堀 正人委員長、 橋本 健副委員長、 田中 嘉一委員・会長補佐、田中 五十一 日展協事務局長
TEL: 03-3518-2640 Email: pr@nittenkyo.ne.jp

 


【申込方法】

下記「お申込みボタン」よりWEB経由でお申込み、または、申込FAX用紙をダウンロードしご記入の上事務局までお送りください。
 より多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

Z2SlBx4gmEly7Nb1458022910_1458023385.png

(別画面が開きます)

 

6p4iMCVT0KTXit_1458023455_1458026325 (1).png

 

FAX用紙をダウンロードします)

 

※プレスの取材申込はこちら、取材案内はこちらをクリックして下さい。

▲このページのトップに戻る