「群馬県議会 社会基盤づくり特別委員会 勉強会」 にて石積会長が講演

 

群馬県は、高崎競馬場跡地(10万m2)に、展示面積1.6万m2の展示会場の建設を計画(平成29年度オープン予定)していますが、この計画案についての検討を行っている群馬県議会 社会基盤づくり特別委員会の勉強会にて、石積会長が講演を行いました。

当日は、社会基盤づくり特別委員会の12名の県議会議員(委員長:中沢丈一議員、副委員長:萩原渉議員)、および群馬県企画部地域政策課が参加し、石積会長は展示会主催を行う専門家として意見を求められ、講演を行いました。

石積会長は「中途半端は良くない。群馬の活性化のためには、大規模な展示会場を造り、大規模な展示会を数多く開催することに全力を尽くすべきだ」と主張しました。

出席した議員からは「目からうろこが落ちた」「展示会場に関する見方が変わった」「前から中途半端な会場だと思っていたが、その理由がはっきりした。改めてしっかりと本来のあり方を検討したい」との反応がありました。

【日時】
【場所】
【主催】

 2014年3月4日(火)13:30〜15:00
 群馬県庁
 群馬県議会

 

▲このページのトップに戻る