官公庁等からのお知らせ 2020.11.05

【経済産業からのお知らせ】新型コロナウイルス感染症対策の観点からの年末年始の在り方について

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日開催された新型コロナウイルス感染症対策分科会において、来る年末年始に向け感染リスクが高まることが予想されるところ、「年末年始に関する分科会から政府への提言」(別添1参照)及び「分科会から政府への提言 感染リスクが高まる『5つの場面』と『感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫』」(別添2参照)が提言されました。

つきましては、皆様におかれましては、以下及び別添の事項にご留意いただき、年末年始に向けより一層の感染拡大防止にご協力の程、よろしくお願いいたします。

【留意事項】
1.年末年始に感染拡大させないために、年末年始に加えて、その前後で休暇を取得することを推進し、分散して休暇を取得し、年末年始の人の流れが分散するよう努めていただきたい。

2.年末年始は飲酒や会食の機会が増えることから、新型コロナウイルス感染症対策分科会において示された「感染リスクが高まる5つの場面」及び「感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫」について、周知・徹底いただきたい。

※添付資料
【別添1】年末年始に関する分科会から政府への提言
 https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/bunkakai/teigen_12_2.pdf

【別添2】分科会から政府への提言 感染リスクが高まる『5つの場面』と『感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫』
 https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/bunkakai/teigen_12_1.pdf

※参考資料

新型コロナウイルス感染症対策分科会
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/yusikisyakaigi.html